スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコット運動会

6月9日(日)9時より、城北中央公園にて、マスコット運動会が行われた。第6期より、IKJ私設応援団内で発足され、日々明るく、元気に活動しているマスコット部。今回の運動会はマスコット部主催で行われ、塾生百名以上参加した。CLUBTHE 一生懸命 YMTの1~8番隊を4チームに分け(1・2番隊連合チーム、3・4番隊連合チーム、5・6番隊連合チーム、7・8番隊連合チーム)、4種目を通じて競い合った。ちなみに、運動会の種目は「だるまさんが転んだ」、「手つなぎ鬼ごっこ」、「綱引き」、「リレー」。
 この新聞では、マスコット部部長兼IKJ私設応援団副団長を務める小池さん(東京理科大理学部4年)にインタビューを行い、運動会にかけた想いについてお聞きした。
 また、参加者が運動会を通じて、何を感じ、何を学んだかをまとめた。

マスコット部

マスコット

2マスコット

1マスコット


小池部長インタビュー

①運動会を終えての率直な感想をお願いします。
 みんなが盛り上がって成功することを期待していましたが、その気持ちとは裏腹に、盛り上がるかとても不安でした。最初に色々アクシデントも起こってしまったので、正直不安しかありませんでした。
 しかし、競技を終えるにつれて、みんなの表情がどんどん明るくなって、盛り上がってるのを見て、リレーの時には感極って泣いてしまいました。みんなが輝いている姿を見れて、改めて、一生懸命最高!!って思いました!!こんなに盛り上がって感動できたのも、みんなが一生懸命だったからです!!早くこの感動をアウトプットしたいです!

②準備段階で大変だったことは?
 マスコット部でリスク管理をあまりしてこなかったことです。正直そんなにリスクはないかなぁ・・なんて考えていました。しかし、団長がそれではいけない!ということで、当日のタイムスケジュールの管理表を作ってくれました。当日は本当に役に立ったので、大きな問題もなく運動会を終えられたのも団長のおかげだと思っています。
 また、準備期間は教育実習と被っていたので、実際MTGに参加できず、情報共有が追いつかないことが一番苦労しました。(当時は議事録ができる前に次のMTGが開かれるくらいだったので・・笑)しかし、それも副部長アップや団長が夜遅くに電話をして情報共有をしてくれたおかげで本当に助けられました。
 今でも感謝しています。

③今後の抱負は?
 今回の成功は、マスコット部としての成功ではなく、私設応援団としての成功だと僕は思っています。今後は、マスコット部、情熱部、ボランティア部で連携してもっと大きなイベントを成功させて、応援団の大成功としてIKJの歴史に名を刻めるようにもっともっと精進していきたいです。

④最後に塾生に向けて一言
 本当に今回参加してくれた塾生のみんなには「感謝」の一言に尽きます。運動会を迎えるまでは不安だらけだったけど、こんなにたくさんの塾生が笑顔になってくれて本当に嬉しいです。IKJメンバー最高や!!
 そして、全塾生に伝えたいのは、「一生懸命って最高やぞッ!!」ってこと。心が震える、感動ができる体験は、一生懸命やらないと味わえない。だから、塾生にはどんどん一生懸命になってほしいです。そして、一生懸命のその先には、必ず大きな感動が待っている!!その感動をみんなで味わうために、これからも一緒に頑張っていこうぜ!!!!


マスコット集合



参加者インタビュー

とにかく、“熱く・楽しく・全力に”やり抜きました。こんなに動いたのは、中学生以来です。結果3位で悔しい想いをしましたが、御手洗副総長がみんなをリードしてくださったので、結束を深めることができました。また、トレーニングキャンプに向けて競争意識を高めることができました。これからさらに頑張ります!
4番隊 立教大学4年 平川さん

楽しかったです。とにかく時間が過ぎるのがあっという間に感じました。普段はなかなか熱くなることはなかったけど、久しぶりに熱くなって、みんなと一生懸命に力を合わせることができました。
5番隊 東洋大学4年 並木さん

本当に最高の企画でした!改めてIKJの良さを感じることができました。共に笑い、共に汗をかき、共に一生懸命やった先には最高の同志ができるんやなって本当に思いました!そんな場を提供してくれたことに感謝です。マスコット部ありがとう!
3番隊 法政大学社会学部2年 情熱部副部長 松尾豪

マスコット運動会はとにかく「感動」の一言に尽きます。こんなに自発的に一生懸命に楽しんでくれる集団は他にはいない!本当に強くそう感じました!
正直、手繋ぎ鬼ごっこで楽しんでくれるかすごく不安でした、ですが、塾生一人一人それぞれの一生懸命を当たり前のように見せてもらえて、感動で何故か鳥肌がたちました!
 やっぱり一生懸命は人を感動させる。一生懸命は人の、純粋な感情を充実感を引き出してくれる。
本当に一生懸命のその先に無駄なものは一つもないのだなと、改めて思い知らされました!
5番隊 帝京大学文学部2年班長 大野由幾
スポンサーサイト
プロフィール

IKJ一生懸命塾報道部

Author:IKJ一生懸命塾報道部
一生懸命塾、塾内でも大好評の”IKJ新聞”がブログ上でも見れるようになりました!家でも一生懸命をお楽しみください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。